rahayami's lifelog

rahayami01.exblog.jp

タグ:ロシア ( 10 ) タグの人気記事

日本初のメダル、おめでとう☆☆

a0293130_12285466.jpg

こんにちは。またもや更新サボリ中のrahayamiです。


唐突ですが、オリンピック、楽しんでますか?

私は開会式から釘づけ。深夜放送は録画を駆使して楽しんでおります。



昨日の男子スノーボードハーフパイプ、ソチオリンピックで日本人初のメダル獲得でした!!
平野・平岡両選手の銀・銅獲得、本当にうれしいですね☆


私は予選はずっとライブで観戦。
決勝は深夜2時すぎということなので録画して朝起きてから見ました。


ん~~熱い戦いだった!
平野選手が高く飛び過ぎてカメラフレームからはみ出してしまったのには驚きでした。
平岡選手も、1回目ミスの重圧に負けず、2度目も果敢に攻め続ける姿に、感動。


日本の両選手の大健闘はもちろんですが、
私は優勝したスイスのIouri Podladtchikov(ユーリ・ポドラドチコフ)選手の
大技を成功させて高得点を出した直後、ボードを投げ飛ばして雪の上に倒れ込んで大暴れしながら喜ぶ姿が豪快すぎて、
日本を応援しているはずのに一緒に喜んでしまいました^^
a0293130_13142027.jpg
(借りた画像です)I-PODというニックネームも洒落てますな。




日本人の二人は銀・銅が決まった後もポーカーフェイスというか。
やっぱり金が欲しかったんだろうなーと思わせるような、悔しそうな顔にも見えました。
a0293130_13271870.jpg
(借りた画像です)

4年後も楽しみです。




スノーボードは初心者レベルの私だけど、
やっぱり派手な技やエアーが繰り出される競技は、素人目にも見ててすごく楽しい。


スロープスタイルも初めて見たけどスリリングで面白かったなぁ。
それに、コースに設置された巨大マトリョーシカも可愛かったですよね。
a0293130_1257864.jpg
(借りた画像です)




選手たちが空中でボードをマトリョーシカに当てたりタッチしたりしているのを見て
ロシアでのオリンピックの幕開けに相応しい舞台という感じがしました!



というわけで、去年ロシアでお土産用に買ってきたマトリョーシカマグネットの余った分を並べてパチリ☆
ちょっと淋しかったのでPIXLRという画像加工サイトで遊んでみました。


私の最大の楽しみ、フィギュアシングルは明日の深夜から始まるけど
ちょうど仕事とまる被り。。。

でもリアルタイムで見たいしなぁ・・・

悩ましい。。。



*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2014-02-12 13:39 | おうち | Comments(7)

ロシア雑記

a0293130_17344036.jpg

ロシア編がかなり長引いてしまったので、ぼちぼちまとめます。

*写真は「血の上の救世主教会」。名前が。。。

たった4日間の滞在でしたが、ロシアって不思議な国だなー (´-`).。oOというのがものすごくざっくりした感想。

なんというか、近代と中世がごちゃ混ぜになったような。
オープンに見せて実は排他的でとっつきにくいような。

サンクトペテルブルクは美しい街並みのとっても大きな観光地ですが、英語は殆ど通じないし、営業スマイルなんてまずありません。
ぱっと見近代的なホテルやお店でも、客室乗務員サンですら愛想なし。むしろ怒ってます?ていうぐらいに、真顔。
ま、中にはナイススマイルな方もいましたが、殆どが真顔。

でもってあちらさん彫りが深くて眼光鋭いもんですから我々「平たい顔族」としては委縮しちゃいます。

ま、それは2日目ぐらいで慣れましたけどね・・・


そんな微妙に洗練されてないミックス感が、ロシア独特のなんとなーく土臭い雰囲気を作っているのかな?とか思ったり・・・。




そんなロシアに対するモヤモヤした気持ちを晴らしてくれたのが、
パスポート事件の解決後、日本領事館の人に言われた言葉。

「まぁ出てきてよかったですが、外出時パスポートは持ち歩かないでね」という話になったときに
「エルミタージュ美術館に入る際、予約の本人確認のためにパスポートが必要という書き込みを見たんですが・・・
実際はどうなんでしょう?」と、お門違いを承知で聞いてみました。

担当官の方の回答は
「現時点でパスポートの提示が必要という話は聞いていませんが・・・

ロシアという国は昨日と今日でルールがコロコロ変わる国です。

そして、昨日までは大丈夫だったからと言ってルールを曲げてくれるような融通は利かない国なんです。


だから心配なら気を付けて持ってってネ」

というものでした。

あ~。。妙に納得。「でしょうねぇ」 ってロシア歴3日足らずのくせに、思ってしまいました。

そうか。頑固なんだ。あなたたちガンコなのね?わかるわ!! と。


こっちからしたら理不尽に思えることでも、ぜんぜん譲る気なし。
腹立たしくもあり、変に納得しちゃえる部分もあり。

うーん、やっぱり不思議。


ちなみに空港内の売店でも、レジのおばちゃんにちょっと質問したら「イングリッシュ ノー!」と一蹴されました。
しょうがない。だって頑固なんだもん。OK。許せた。アハハっ♪





話はガラっと変わりますが、ロシアへ行く前に読み返した本(マンガ)があります。

エカテリーナ二世の人生を描いた「女帝エカテリーナ」と
ロシア革命を背景にした恋愛ドラマ「オルフェウスの窓」。
いずれも「ベルばら」の池田理代子さんの作品です。


エカテリーナ二世像。
a0293130_17525358.jpg

ドイツから14歳でロシアにお嫁に来て
無能な夫をクーデターで追い落とし、自ら女帝となって政治に戦争に辣腕をふるうばかりか
恋人もとっかえひっかえ、さらにエルミタージュ美術館を創設して文化貢献もしてしまうというとんでもなくエネルギッシュな女性です。憧れます。


こちらは宿泊したホテルの横を流れるネヴァ川。
a0293130_17572214.jpg

「オルフェウスの窓」でロシア革命に身を投じたアレクセイがこの川で・・・
と象徴的に描かれている川です。


こんな風に、物語の中の世界をほんのちょっと体感できるのは嬉しいものです。
それもまた旅の醍醐味の一つだったりして・・・・。


さて・・・まとめどころか話がとっちらかってきたところですが、ぼちぼちロシア編はおしまい。


ロシアから電車で国境を越え、ようやくフィンランドに向かいますよー!

a0293130_1939351.jpg

a0293130_19395337.jpg

アレーグロー!!




*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



前回のバナーがデカすぎることに気付いたので作り直しました♪
ぷちっと応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-07-04 20:27 | Comments(6)

マトリョーシカの数え方

a0293130_2064948.jpg

ロシアの民芸品と言えばマトリョーシカ。



あちらこちらの露店やお土産屋さんで売られていましたよ!



でも
a0293130_20215395.jpg
とか


a0293130_20222281.jpg
とか・・・・


んー、かわいいけど、ちょっと化粧濃すぎかな・・・?


チークとつけま盛り杉じゃない・・・?

いや、似合うよ?似合うからいいんだけどー。いや、気に入ってるならいいんだ。


ほんと、余計なお世話でごめんね。。




と、女子として物申したくなるような、かな~りコッテリしたお顔の子がほとんどなのです。


ナチュラルメイク?の子も少しは見かけるけど、すごい雑な作りだったり。。



なので、1枚目の写真はかなり珍しいタイプ。
けっこうなお値段で売られていたので、作家さんの作品なのかも。




ところでこのマトリョーシカ、中に一体いくつのマトリョーシカが入っているかというと
特に決まりはなく、3つであったり6つや10個以上という大家族モノもあります。



で、私、お土産屋さんを見ている内に内蔵マトリョーシカ数を一目で見分ける方法を発見しました!(大げさ)



値札に書いてある「3M」の文字に注目。
a0293130_21392667.jpg



これは「3マトリョーシカ 略して3Mだぜ?」という意味なのです。

1マトリョー、2マトリョー・・・と心の中で数えてみます。なんだかほのぼのしてきました(´-`).。oO



どこのお店のマトリョーシカも、必ず値札に「○M」の表示がありました。
これを見れば一目で何体のマトリョーシカが入ってるか判別できるのです!素晴らしい!ハラショー!


以上、めちゃんこ役に立たない、言いたいだけのプチ情報でした☆




おまけ。
こちらは、自分用に購入した「薄い顔のマトリョーシカ」です。
a0293130_21205966.jpg
一番小さい子の手抜きっぷりがヒドイですが。。


a0293130_21211591.jpg
こちらは最少マトリョーにも丁寧に描き込まれています。お値段ちょびっと割高でしたがお気に入り。


もうお分かりですね。(←えらそう)

どちらも、「3M」ですっ☆ハラショー!!




*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



マトリョーシカでバナー作りました♪ポチっと応援ありがとうございます♡
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-07-01 22:29 | Comments(12)

エルミタージュ美術館の入り方

ガイドブックにあまり詳しく紹介されていないので、
日本からチケットをオンライン予約して、個人でエルミタージュ美術館に入る方法を紹介します。


まずチケットの購入方法。
エルミタージュ美術館のサイトへ。
*表示は英語です。

トップページから「TICKET BOOKING」を選択して、チケット購入ページへ。
「One Day Simple Entrance Ticket(1日入場券)」または
「Two Day Combined Entrance Ticket(2日通し入場券)」を選択し、必要枚数を入力して「add to shopping bag」を選択。
代金には写真・ビデオ撮影料金も含まれていて、一日券で$17.95(2013.6現在)です。

ここでは訪問する日にちの指定はしません。
購入手続きから6か月間が有効期間になります。

クレジットカード番号を入力して購入手続きを済ませると、バウチャー(入場引換券)が添付されたメールが送られてきます。
a0293130_183413.jpg


私の場合は「迷惑メール」フォルダに入ってきたので注意。
バウチャーを印刷して忘れずに持っていきます。





エルミタージュ美術館に辿り着くと、美術館前が広ーい広場になっています。
入り口は正面から見て中央にあります。
a0293130_184381.jpg
人の流れについて中庭へ行きましょう。
ここまでは何のチェックもありません。

a0293130_185287.jpg
館内への入り口には入場待ちの人たちがたくさんいて、ロープで仕切られています。



a0293130_1862520.jpg
ロープのところにいる係員らしき人にバウチャーを見せると、ロープをちょっと開けて「入ってよし」とのこと。



館内に入ると映画館のような、ガラスで仕切られたチケット売り場の窓口がたくさんありますが、窓口には並ばず
階段をちょっと登ったところにあるレセプションに向かいます。
ここだけはガラスで仕切られていません。

ここでバウチャーを再度見せます。ちなみに私はパスポートの提示を求められましたが
他の人のブログなどみると「決済に使用したクレジットカード」というケースもあるようです。
バウチャーに何か書き込まれ、チケット売り場に行けと指示されます。

言われるがままに窓口に向かい、バウチャーと引き換えに無事チケットゲット~☆
a0293130_20231322.jpg


あとはすぐ側の入場ゲートから中に入ります。順路マップが置かれているので必ず貰いましょう。
ゲートを通ってすぐにオーディオガイドの申込みカウンターもあります。
私は利用しなかったので、日本語ガイドの有無や料金は不明・・・すみません。

ちなみに、ロシアの方々「並ぶ」「譲る」の精神があまりない?ようで、ガッツガッツ割り込んできます。
割り込みを阻止しようとふんばってると背後から溜息やら舌打ちやら聞こえてきて、
そして私の後ろを争う第二の戦いが始まっている・・・なんてこともたびたび。

本当、どこに行っても、おとなしく順番を待っているのでは延々と目的を達せられません。
なわけで割り込まれた時間を含めて(涙)、入場にかかった時間は20分ぐらいかな?

予約なしだと何時間も並ぶこともある・・・らしいので、オンライン予約しておくのが吉だと思われます。


以上、「エルミタージュ美術館の入り方 2013」でした☆

追記:念のためですが・・・この記事はあくまで私の体験談ですので、責任は持てません。
実際に行かれる方は最新情報を確認していただくようお願いします!



*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-06-29 20:58 | Comments(5)

シャンデリア&ツボッたコレクション@エルミタージュ美術館

a0293130_956305.jpg

エルミタージュ美術館の見どころは数多くの美術品だけではありません。

吹き荒れるロココの嵐、ゴージャスの象徴・シャンデリアをご紹介します^^





a0293130_9594238.jpg

上の画像の全体像。
縦にドーンと長いシャンデリア。王道な感じです。






a0293130_1002938.jpg

美術品より存在感ありすぎ・・・!?







a0293130_9597100.jpg

明かりが入ってこそのシャンデリア。
クリスタルの粒がキラキラして、セイ!「ゴー☆ジャス!!」・・・ですよねー。






a0293130_10151538.jpg

省スペースタイプ?


a0293130_1001083.jpg

ロウソクの数は縦長タイプに負けてなさそう。
当然だけど、これ、昔はろうそく一本一本火を入れていたってことですよね。。。脚立で?ひぇー









ここからはツボッたコレクションです。
a0293130_1004947.jpg

クリスタルのツボに金の環。







a0293130_1005834.jpg

上と同じもの。自然光で見られるのが良いのです。







a0293130_1011121.jpg

また一部分・・・・
何かの土台部分です。ネバーエンディングストーリーに出てくるアレみたい・・・。





a0293130_101042.jpg

扉の取っ手。シェンロン?←ひどい




こんな感じで、美術の知識がなくても
自分なりに楽しみを見出せる、本当ーに素敵な美術館でした^^
絵画や彫刻も、照明よりも自然光で見せることを重視した作りになっているようで
すごく立体的に見えます。

とんでもなく広いけど見学順路は決まっておらず、撮影OK(注・入場料とは別料金)なのもありがたいですね。


続く!



*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-06-29 10:28 | Comments(4)

見どころメガ盛りのエルミタージュ美術館

a0293130_2150883.jpg

ロシア3日目、エルミタージュ美術館に行きましたよ!

チケットは日本からオンライン予約で手配しました。
館内に入るまで結構面倒だったので、詳しい手順はまた別途書きます。(多分)




a0293130_21533652.jpg

「隠れ家」を意味するエルミタージュ美術館。
ネフスキー通りの西の端、つきあたりにドーンと鎮座しています。
元は宮殿なので、やっぱりとーってもゴー☆ジャス!!




a0293130_22491774.jpg
ほら。てっぺんに結構な巨人級の人たち乗っけてるんです。
この手の装飾がされた建物多かったけど、地震がない国っていうことなんですね、きっと。






a0293130_2203439.jpg

世界屈指の美術館であると同時に、贅を凝らした内装も素晴らしい・・・とのこと。
アートには全く明るくない私、どっちかといえばキラっキラの内装に興味津々です。







a0293130_2222788.jpg
またしても黄金攻め!?







a0293130_2221027.jpg
天井の装飾がまたド美しい。








a0293130_2285869.jpg
ホーンテッドマンションに出てきそうな重厚な雰囲気の図書室。とってもロマンチックです。一日ここで過ごしてみたい。



a0293130_2272024.jpg
自然光がたっぷり取り込まれている回廊。

「回廊」って響きがもう素敵ですよね。我が家にも欲しいものです。回廊。







a0293130_22123794.jpg
内装ばっかり見てるようですが、
こんな調度品も。マイセン様でございます。








a0293130_2213261.jpg
エルミタージュ美術館の最大の目玉、
レオナルド・ダ・ヴィンチ作「リッタの聖母」


a0293130_10521469.jpg



絵はビックリするほど小さく、人だかりがものすごくて近寄れませんでした。









a0293130_22173325.jpg
本日の1枚目の、小悪魔?子鬼??の像。
この小にくらしいワル面が私の一番のお気に入り♡
なのに作品名も作者名も控えなかった愚かな私・・・・(´・ω・`)







a0293130_22235519.jpg
アムール!!アモーレ!!(意味無)




a0293130_22242115.jpg
THE☆中世の騎士団。







この美術館、一日で全部はとても回りきれない・・・・とのことで(ルーブルなんかもそうらしいですね)
館内マップ片手にかな~り大雑把に回りましたが、それでも迷ってしまう部屋の多さでした。


特に「絶対見たい作品」があるわけではなく
雰囲気が味わえて豪華な内装が見られれば。。という程度の気持ちだったんですが、
美術の知識がなくても私はかなり楽しめました。

美術品はもちろん、天井装飾やシャンデリア、家具調度。どこを取ってもお金と時間を惜しんでいない贅沢感があふれています。

さすがエカテリーナ二世が金に物を言わせて買い集めただけあります!

もう気分は貴族。


ということで、写真が載せきれませんので
シャンデリア+その他ツボったコレクションに続く。




*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-06-26 23:37 | Comments(6)

ロシア3日目 花咲くネフスキー通りをお散歩 sanpo

a0293130_20452931.jpg

さて。
パスポートも無事戻り、睡眠をタップリ取って朝食ガッツリ!で完全復活した私たち親子。
バスと徒歩で元気にサンクトペテルブルク観光に繰り出しましたよ☆

上の写真は、ホテルの真ん前にあるネフスキー男子修道院、の周辺の何かの施設(汗)
何の建物かは不明だけど、シャクヤクがきれいに咲いていたので、ヨーロピアンな1枚いただきました^^
車が隠しきれてないですが(汗)



a0293130_20502090.jpg
メインストリートとなるネフスキー通り沿いには、こんな気持ちの良さそうなカフェがたくさん。

全然関係ありませんが、ロシアのお嬢さんたらメチャクチャべっぴんさんが多くてびっくりしました。
スタイルも本当いいの。おしりがキュンとして足がなっがいのです。

どうみてもレギンスなのに、パンツかのごとくにしれっと1枚履きで外を歩いているお嬢さんたちもチラホラ。

ちなみに男性は背が高くて体格がよく、誰もかれもが「モロゾフ」に見えました。フィギュアのあのコーチね。



a0293130_20511559.jpg
ヨーロピアンてカフェ好きなんですねぇ。
そして、例外なくお花が素敵に植えられています。




a0293130_2052352.jpg
短い夏を謳歌するがごとく・・・?





a0293130_20523936.jpg
道端にも、一定の間隔でお花の植え込みがあってとっても華やか。
だけど、半年後には雪に埋まってしまうんだなぁ。きっと。。





a0293130_20531934.jpg
バルコニーにもお花。
おっとロールスロイス様!さすがノーブルですなぁ

ちなみに気温は結構高く、晴れていれば長袖Tシャツに薄手のカーディガンでちょうど良いくらいです。



a0293130_20575014.jpg
そして街を歩いていて意外だったのが、
アメリカ資本のファストフード店がかなり多く出店していたこと。
時代は変わったんですね。



a0293130_2057743.jpg
それでも看板を無理やりロシア語にしてしまうあたり、
ロシア人の頑固さを感じます(笑)




a0293130_2058313.jpg
こちらは宿泊したホテルの1階に入っています。
見えないと思いますが、小さな看板には「Mac Cafe」ならぬ「MAK Кафе 」の文字が。
うん。頑固ね。よし。と指さし確認。


余談ですが
私、海外に行くと現地のマクドナルドに一度は行ってみる事にしてるんですが、
今回は母がファストフード好きじゃないので諦めました。

ロシアのマック、興味あるなぁ( ´・ω・`)


それにしても撮った写真を整理してみると
広角の写真ばっかりで、同じようなアングルだらけでした。。。。
あー、アイディアがないってこういうことなのね。。反省。


続く☆


*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-06-25 21:48 | さんぽ | Comments(8)

ロシア2日目・パスポートを盗まれる

えー。。。

いきなりの衝撃的なタイトルでドン引きさせてしまいすみません。
しかし事実です。

この事はブログに書こうか悩んだんですが、
もしロシア旅行を考えていてこのブログに辿り着いた人がいたとしたら
少しでも参考になることがあれば・・・と思い、顛末を書くことにしました。


話は前回の続きになりますが、
エカテリーナ宮殿見学ツアーの後一旦ホテルに戻り、休憩したあと
「バスで市内観光に行ってみよう!」という事になりました。

a0293130_19382411.jpg
泊まったホテルと、手前を走っているのがトロリーバス。


時間は16時前。陽が長いので完全に「まっぴるま」の時間帯です。


ホテルはサンクトペテルブルクの中心をつっきる大きな長ーい一本道「ネフスキー通り」の端にあります。

a0293130_19383190.jpg
これがネフスキー通り。


いわゆる観光トロリー(周遊バス)が巡回しているので、目的の番号のバスが来るのを待ち、乗り込みました。



その時・・・一緒に多分ロシア人と思われる若い男性が4.5人ぐらい一緒にバスに乗り込んできたんです。

バスは混んでいる訳じゃないのに、彼らがやけに私を押してくる。
ここで母と少し距離が開いてしまい、母の姿が見えなくなりました。


思うように身動きが取れず、不信感が湧いてきた私は自分のバッグをしっかり抱きかかえ、
母に大きな声で「こいつらスリかも!」と呼びかけたんです。


しかし、彼らの一人が母を空いている席に誘導し、座らせてくれたのです。
なんだ誤解か・・・と安心すると同時に恥ずかしい気持ちになりました。

ところが、次のバス停で彼らは降り、バスが走りだした時、母が「やられたΣ( ̄ロ ̄lll)」と一言。

閉めてあったはずのバッグのファスナーが開かれ、パスポートと現金が入ったポーチごとなくなったと。


慌ててバスを降り、ホテルに急いで戻りました。

フロントで状況を説明し、警察に連絡を入れてもらいました。
とにかくパスポートはやばい。何はなくてもパスポートだけはヤバイ・・・・!
海外でこんな目に会うのはもちろん初めてです。。


警察が来るのを待つ間、現地の日本総領事館へ連絡。(サンクトペテルブルクでの窓口は大使館ではなく領事館になります)

領事館は時間外でしたが、アナウンスに従い「1」をプッシュすると緊急窓口に繋がり、日本人と話をすることができました。

まず状況を説明し、2日後にはフィンランドへ移動のため、それまでにパスポートが必要になることを伝えました。


回答は、「パスポートは新規発行になるため、通常は日数がかかる。
とにかく必要な書類を持って明日領事館に来て直接担当官と交渉してください」
とのことでした。


ほどなく警察が来て、盗難届というか事情聴取のような事をホテルのロビーで行いました。
警察官は英語が話せないので、ホテルの受付の方に通訳に入ってもらい、どうにか手続き終了。

   *ちなみに、この時ドコモの「話して翻訳」という翻訳アプリを使いました。
   携帯に向かって日本語を話すと、英語に翻訳してくれるというまさに翻訳コンニャク!
   英語レベル中1並の私にはかなりお役立ちアイテムでした。


後は明日領事館に行ってパスポートの発行が即日できればどうにか旅を続けられますが
ダメだったら・・・・・・到着2日目にして、帰国?(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル


とにかく、やれることはやった。もうあとは明日を待つだけ。


という事で、気を取り直してホテル内のレストランに食事に行きました。
でもね、やっぱり私、食事が喉を通りませんでした。
母は完食してたので、ちょっと安心。


こういう時って、当事者本人が自分を責めて落ち込んでしまうことが一番ツライ。
でも、一先ず普通にしていてくれたのでありがたかったです。
内心は色々渦巻いていた事だと思いますが・・・。


部屋に戻り、明日は朝一で領事館だからと早く寝ようとしていたそのとき、部屋に電話が。


電話に出ると、フロントから。
「あなたのパスポートが届いてますよ」と。

リアリィ?

ビールCMの渡辺謙さんバリの「Realy!?」ですよ。

フロント「Realy。」←とっても落ち着いてる

「スグ行きまーす!」と急いで着替えて、母とフロントへダッシュ。

パスポートが届いてました。はさんであったイミグレーションカードも!
昼間の警察官が届けてくれたとのこと。


ふぉーーーーー。よかったああああーーーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁ、当然現金は戻らなかったんですが、母は現金をいくつかに分配していたので
被害は最大ではなかったです。
それと、カード類は入れていなかったのでそれも不幸中の幸いでした。


母も私も一気に安心、脱力_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_



翌日、領事館に「見つかりました」の連絡を入れたところ、
担当官に話の概要は伝わっていて、当日のパスポート発行はかなり厳しいので移動スケジュールを聞いて
心配していた、とのことでした。ふう~~~。

サンクトペテルブルクは元々スリ強盗が多いが、最近特に増えていて毎日のように日本人の被害報告が入っているそうです。

とにかく、パスポートはよほどのことがなければ持ち歩かないように、と注意されました。
どうしても、の場合は首から下げたりするポーチで携帯するように。とのことでした。

前日の緊急窓口の方も、この日の担当の方も、とても丁寧に対応してくれて
日本語どころか英語すらもろくに通じない国で、すごく安心できました。



そんな訳でなんとか予定通り旅行を進めることができたのでした。

ながーーくなってしまってすみません。

最後に、この事件で学んだ
「ロシア旅行中にトラブった場合の注意点」を箇条書きでまとめてみます。


・サンクトペテルブルクはとても大きな観光地ですが、英語はホテルなどのごく一部しか通じません。
・ドコモのスマホ利用の方は「しゃべって翻訳」という翻訳アプリが便利。
・パスポート・貴重品はホテルのセキュリティボックスに保管し、出来る限り持ち歩かないこと。
 (私はセキュリティボックスを疑って持ち歩いてしまってました)
・現金は小分けにして保管!
・パスポートのコピーは必携。
・パスポート紛失時、発行に必要な書類は以下。
 ☆盗難証明書
 ☆戸籍謄本(直接役所→領事館へFAXを送ってくれる場合もあるとのこと)
 ☆パスポートサイズの写真×2
 ☆発行手数料4150ロシアルーブル(5年・現金のみ・円やユーロなどの外貨不可)
・盗難や事件に合ったら即!現地日本大使館または総領事館へ連絡!
・時間外のアナウンスが流れても電話機の「1」をプッシュすれば緊急窓口で日本人が対応してくれます。


他にも色々とあると思いますが、ガイドブックなんかに載っているので
ここでは私の実体験から学んだことだけ記載しておきます。


いずれどなたかの参考になることがあれば嬉しく思います。



はー。まじしんどかった。。。。



思い出すと今も悔しい気持ちになるし、「もしかして警官もグルだった?」(領事館の人にも言われました)と疑惑がわいたりもしますが
とにかく、怪我がなくて何より(*・ω・)。と思うことにしました。


ということで、気を取り直して翌日は予定通り、きっちり観光に行きましたよっ!!

続く!


*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-06-24 07:56 | Comments(10)

ロシア2日目・金ピカのエカテリーナ宮殿 sanpo

a0293130_7515955.jpg

ロシア二日目は、エカテリーナ宮殿へ行きました。

ロシアといえばエカテリーナ2世が有名ですが、こちらは1世の宮殿です。

事前に調べてみると・・・エカテリーナ宮殿は郊外にあり、入場は午前と午後の1回ずつと時間が決まっていて
長蛇の列に並ばねばならず、個人で行くのはかなり難易度が高いとのこと。

なので、この日だけは予め現地オプションツアー(日本語ガイドつき)を手配していました。

ホテルにお迎えに来てもらい、サンクトペテルブルクから車で小一時間ぐらいかな?

到着すると、やはりたくさんの人が並んでいましたが・・・ガイドさんが守衛さんのところに何か言いにいって、
待たずにスルーっと入れてもらえました。

やっぱりオプション申し込んで良かったみたい・・・。

ちなみに撮影可です。(一部撮影不可の部屋もあり)

a0293130_7551257.jpg
麗しきブルーの宮殿外観。横にひたすら長い。


a0293130_7553784.jpg
内部は白を基調にしたロココ調で、とにかくゴー☆ジャス!



a0293130_80538.jpg
ピカピカ チカチカ。
こんなお部屋が何部屋も続きます




a0293130_895621.jpg
人もたくさん。




a0293130_811089.jpg

ちなみに、この緑の柱は、銀紙をクシャクシャにした上に緑のガラスを貼っただけだそうです。
コストカット策だそうですが、発想が学校の工作じみててちょっと笑った^^





a0293130_834288.jpg
テーブルセッティングの展示や

a0293130_8131336.jpg
これまたゴー☆ジャスな調度品も。こちらはマイセンだそうです。

a0293130_835888.jpg
ツボった所を撮影しましたが、何なのか今となっては不明。。寄木と取っ手近辺に萌えました。




a0293130_8202056.jpg
エカテリーナ一世。

残念なことに撮影禁止なのですが、目玉となる「琥珀の間」という、壁一面にびっしりと琥珀を敷き詰めた部屋があります。

当然めっちゃくちゃにお金がかかって豪華なお部屋なんですが、
他のお部屋の金ピカぶりに比べるとちょっと見た目地味かも?
ロシアは琥珀の産地だそうで、あちこちに琥珀ショップがありました。




a0293130_81849100.jpg

宮殿の外に出ると、敷地内には皇帝のためのいくつもの建物や庭園があります。
こちらの建物は「お風呂」だそうです。ふろでか!


a0293130_8194772.jpg


a0293130_824058.jpg
あっリス!!



エカテリーナ宮殿を見終わった後は、ガイドさんお勧めのネフスキー通りのピロギ屋さんに
落としてもらい、ガイドさんとはお別れ。

「ピロギ」はパイの中におかずが閉じ込められたもの。
a0293130_8292744.jpg
サーモン入りのと、鶏肉入りのを母と半分こしていただきました。

a0293130_8301729.jpg
ロシアといえばボルシチ!

どちらも日本人にも馴染みやすい味でとっても美味しかったです^^

つかれたのでこの辺でバスに乗り一旦ホテルに戻ります。

そしてその後事件が勃発・・・・なのでした。
続く。




☆エカテリーナ宮殿観光オプションツアーについて。

日本で事前に調べたところ、どこのツアー会社のプランでもドライバー・ガイド付きで大抵2~3万円ぐらいします。
英語のみのガイドでもよければ現地のツアー会社を当たれば安いところがあるかもしれませんが、
ロシアは物価も高いので正直どうかな?という印象。

私たちが利用したのは調べた中で一番安かったHISのオプションツアーで、
当時のレートでおよそ一人1万5千円程度でした。(価格はロシアンルーブル表記)
ガイドさんはロシアの方でしたが日本語が上手で、車も快適で問題なしでしたよ^^





*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-06-23 08:55 | Comments(8)

ロシア&北欧旅行・1日目はひたすら移動

6/11~6/20の10日間、母と二人でロシア(サンクトペテルブルク)と
フィンランド(ヘルシンキ)、スウェーデン(ストックホルム)、デンマーク(コペンハーゲン)の
4か国を旅行してきました。

私にとって初めてのヨーロッパです!

旅のスタイルは、移動手段とホテルのみがセットになったパッケージツアー。
ガイドは付かない、いわゆる個人旅行です。

一人でアジアや北・南米を旅行していたころは往復の飛行機のみの手配で
ホテルも何も現地に到着してから行き当たりばったり・・・なお気楽スタイルだったのですが
今回は定刻移動が多かったため、なかなか神経を使う旅行でした。

いまだ時差ボケが取れず、ボーっとしてますが
ゆるゆる更新していこうと思います。

しばらく旅ブログ中心になりそうですが
お付き合いお願いします^^
うざくなったら「うざい」って突っ込んでくださいね(・ω・;A)フキフキ


まずは旅立ちから。

a0293130_18235158.jpg

飛行機はロシアの航空会社・エアロフロート利用です。
成田の第一ターミナルからモスクワまで約10時間。

a0293130_18252091.jpg

ロシアかシベリア?の上空。
窓越しで分かりづらいですが、地面に無数の沼のようなものとグニャグニャ曲がりくねる川が見えます。
ツンドラ地帯なのでしょうか。
こんな景色の所をけっこうな長時間飛び続けました。

a0293130_18584061.jpg

機内食は基本「肉」な私です。
TERIYAKIDON的なものかな?お味は。普通でした。


a0293130_18241877.jpg

モスクワ・シェレメーチェボ空港に到着。
飛行機からロビーへはバスで移動しました。
入国手続きはここで済ませます。
その後5時間のトランジットを経てさらに2時間程度のフライトです。


a0293130_1833245.jpg

現地時間23:30 サンクトペテルブルク着。
夏季なので陽が長く、この時間でもまだ少し明るいです。
日本の夏の19時くらいの明るさかな~

入国手続きはモスクワで済ませてあるので、飛行機を降りたらあっけないほどすぐに
外に出られました。

そしてホテルまではお迎えのタクシー付きです。

チェックインできたのは1時ちかく。

初日は移動ONLYで終わってしまいました。


続く!!


*Camera Nikon D5100
*Lens SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



ランキングに参加しました♪ポチっとしていただけると小躍りして喜びます・・・♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by rahayami2012 | 2013-06-22 19:03 | Comments(4)