rahayami's lifelog

rahayami01.exblog.jp

パン焼きブーム到来中

a0293130_12020557.jpg
最近、パン焼きに目覚めてます。


10年くらい前に一度パン教室に行ったことがあるんですが
工程の多さ、複雑さに「自宅じゃムリ!」と思ってそれっきりでした。
発酵とか、発酵とか、発酵とか。。。敷居が高くて。。。



先日立ち寄った本屋で平置きされていたムック本を手に取る瞬間まで
自分でパンを焼こうなんて欠片も思っていませんでした。
a0293130_12024809.jpg
「日本一簡単に家で焼けるパンレシピ」というインパクトあるタイトルに惹かれ
思わず手に取って中身をのぞくと、ちぎりパンのバリエーションを中心に
基本的なパン作りのレシピが紹介されていました。


難しい用語は避けてあって、パン焼きに関するQ&Aや
すべてのレシピのおおよその材料費も載っていて、とっても初心者向けっぽい。
この内容なら私でもできるかも・・・って気になれました。


ムックなので付録ありです。ちぎりパン用の型が付いていて、お値段1800円。
正直・・・お高いって思ってかなり迷いました。
レシピ本は40ページほどで薄め。1500円ぐらいまでならここまで迷わなかったかなぁ。



↓付録の型。市販のケーキ型と同じようなしっかりした作り。
a0293130_12071925.jpg




でも同じサイズの型、持ってるんだよなぁ。。。
a0293130_12073590.jpg

丸いエンゼル型がついてる別バージョンもあったんだけど、
載っているレシピが好みなのでこっちにしました。


ちなみにこの本が発行されたのは1年ほど前。
なんと50万部超えの超人気本で、テレビで紹介されたりもしているそうです。全然知らなかったよ~
私の手元にある本には第13刷の記載が。スゴイですねぇ~




早速、近所のスーパーで強力粉とドライイーストを買ってきて、基本のちぎりパンを作ってみました。
a0293130_12094614.jpg
パン教室に行った時の事なんてなに一つ覚えていない私。
まず思ったのが あー、パンって思ったほどバター使わないんだな。ってこと。
お菓子作りだと、砂糖ドバー バターどすーんって入りますよね?
そのイメージだったんですが、バターはたったひとかけ程度。砂糖も大さじ1だけ。

これが大きい。バター高いし、近所のスーパーでは常に品薄で手に入り辛いんです。
無塩バターが家にないので有塩バターを使いました。



パン生地のこね方が本ではちょっとよく分からなかったので
YouTubeでこね方の動画を見て参考にしました。

1度目の発酵でやや生地がベチョっとしてしまって
すわ!失敗か!と思いましたが。強引にそのまま作業を続けたらなんとかまとまりました(汗)





で、記念すべき第一号が一枚目の写真のちぎりパン。
a0293130_12015243.jpg
おお、ちぎれた!内側もパンっぽく焼けてるゥー!
電子レンジのオーブン機能でしっかり焼けました。
上段で焼いたらちょっと焦げ目が濃くなってしまったので、次は下段で焼こうと決心。

肝心のお味は、、、気持ち塩気が強いけど(有塩バターのせい?)、ふわふわもっちりして美味しい!
夫にも大好評。


すっかり気を良くした私。
それからちょいちょいパン焼いてます。
今では本を見なくても焼けるようになりましたよ♪
(一応、お守りとして傍らに置いて作業してますが)




塩を気持ち減らして、オーブン下段で第二号。
先日のプチピクニックにもっていった、ハムマヨロールとウィンナーロール。
焼き目、いい感じ♡
a0293130_15511317.jpg






レーズン・くるみ入りシナモンロール。
味は◎だけど見た目がイマイチ・・・ロールに見えないなこれ。。
a0293130_15525446.jpg




ココアを混ぜ込んだ生地に、くるみとチョコチップをin。
a0293130_15520363.jpg





見た目がうーんだったレーズン・くるみ入りシナモンロールをリベンジ。

レーズン・くるみは生地に混ぜ込んで、ロールは諦めて丸く成形。
シナモンシュガーを上からまぶしてみました。
今度は成功♡
a0293130_15535491.jpg


この本の著者であるBacke晶子さんによると、工程のなかで温度管理が最重要です。
室温25℃で作業する、とか、水の温度35℃とか。ここがちょっと難しい。

もう少し寒くなってきたら、本では勧めていないけど
オーブンの発酵機能も使ってやってみようともくろんでおります。




密かに憧れていたパン作りが出来るようになって嬉しいこの頃・・・ですが
温度管理以上に最大の難点は、発酵時間をある程度守らないといけないこと。

発酵時間終了間際になって子供がぐずったり、授乳タイムにかかったりしてしまうと大変。
子供に「ちょっと待ってて~!!(汗)」と声をかけつつ急いでパンの世話を焼くということに。
好き勝手に中断、延長できないのが辛いところです。
a0293130_17240711.jpg
↑こんな風にお昼寝中に作業ができれば楽チンなんですけどね・・・



でも総合的に考えたら、私にとってパン作りはお菓子作りよりもハードルが低いかもしれないです。
具のアレンジもしやすいし、コストも安いし、冷凍保存もできるし。
息子が少し大きくなったら、手作りパンをドヤ顔で食べさせてあげたいです^^


ということで、結論。1800円は、高くなかった♪
というか、高いんですが、強気な価格設定も頷ける、濃い内容のムック本だと思いました。

レシピ本も薄いと思ったけど、私にはちょうどよしです。
(分厚いレシピ本でも、全部のレシピを作る事なんてないし。。)

次は何を入れて焼こうかな♪って考えるのが楽しいです^^



※この記事、10日ほど前に下書き保存して放置していて、久々にPCを開いたら
エキブロのピックアップブロガーでこの本の著者のBackeさんが紹介されていました。
エキブロユーザーさんだったんですね!嬉しい偶然です^^

*Camera OLYMPUS PEN Lite E-PL7
*Lens M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8




にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by rahayami2012 | 2015-09-22 17:51 | 料理 | Comments(0)